Skip to content

効果のある「医療レーザー脱毛」

医療機関などで施術してもらうレーザー脱毛は、脱毛サロンで多く採用されている光脱毛やその他の脱毛方法よりも、脱毛効果が高いと言われています。

それは、医療機関では、施術を医師が行う事で、脱毛サロンよりも強い出力でレーザーを当てる事ができるからです。医療レーザーは医師が施術を行いますが、脱毛サロンは医療機関ではありませんから、医師は基本的に常駐しません。エステサロン関係の団体が認定した脱毛の専門資格などを持つ方が施術を行う、という事を謳っている脱毛サロンも多くありますが、その資格は医師資格ではないので、医療レーザーは使う事ができません。

ですから、どうしても、使用する脱毛機器は、医療機関で使うものよりも脱毛効果が弱いものになってしまいます。「医療レーザー脱毛は痛い」と言われるのは、この出力の強さの違いが関係しています。医療レーザー脱毛は、脱毛サロンで多く採用されている光脱毛と仕組みは同じです。毛の黒色色素であるメラニンに反応する特殊な光を肌に当てることで、毛の製造工場である毛母細胞に熱ダメージを与えて破壊します。

この熱ダメージが強ければ強いほど痛みを強く感じるので、光の出力パワーが強い医療レーザー脱毛のほうが痛いと感じる、というわけです。ただ、出力パワーが強い、と言っても、医師は、施術を受ける人の肌質や毛質、肌や健康状態をみながら、それぞれの人によって、また、施術する部位によって、細かく出力パワーを調整しているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *