Skip to content

病院で受けるレーザー脱毛

脱毛は脱毛サロンでも受けることはできますが、早く確実に脱毛をしたいという人にはレーザー脱毛が向いています。

レーザー脱毛は、医師がいる場所での取扱いが法律で許可されているものであり、医師がいない場所でもある脱毛サロンでは行うことができない脱毛法です。医学に基づいて、毛が生えるための組織を破壊することによって毛が生えないようにさせる治療でもあり、一回ごとに確実な効果を得ることができます。毛が生えるサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの時期があるのですが、成長期に入っている毛に対してレーザー脱毛は効果を発揮します。

人の体の毛は全て同じタイミングで生えてくるわけではないので、時期をおいて退行期や休止期に入っていた毛が成長期に入ったころに再び施術を受けることを繰り返すことによって全ての毛に作用させることができます。レーザー脱毛は、黒い色に反応する光を使用しているので、除毛処理をしてから施術を受ける必要があります。もしも肌の上に剃り残しの毛があればやけどをしてしまう危険性があります。

また、肌の上には剃り残しの他にも濃い色のシミやほくろがあれば反応してしまうことになります。これらの部位は、大きなものであれば避けて行われることもありますが、白いシールを貼った上から施術が進められることもあります。光の照射時には痛みが発することもありますが、病院であれば麻酔クリームが用意されているので痛みに関して心配はありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *