本社と支店とが離れているのが当たり前な今、WEB会議をすることは日常茶飯事になりました。しかし肝心のWEB会議ツールをどこのものを採用しようかは、会社によってまちまちな基準で選ばれています。ここでは、いくつか有名なWEB会議ツールを比較して、それぞれのメリットデメリットを考慮した上で、どういった環境であればどのツールがふさわしいかを検討していきたいと思います。資料請求ランキングを基にしたWEB会議を順位付けしたITトレンドによると、1位が「ミエルカ・クラウド」、2位が「アイシーキューブ」、3位が「MORAVideoConferece」です。

これだけが基準にはなりませんが、一考の余地はあるでしょう。3つに共通しているのは、シンプルで誰でも簡単に使える、ということを売りにしていることです。一見複雑になりがちなWEB会議システムですが、利用者が皆ITに詳しいとは限りません。操作性がシンプルであり、ITに詳しくなくてもわかることは必須条件のようです。

ミエルカ・クラウドの利点は初期費用が無料で、最低利用期間が一ヶ月と導入が非常に楽なことがメリットです。アイシーキューブはPCのWebブラウザや、スマートデバイスでも利用できることがメリットでしょう。MORAVideoConfereceは、会議に便利な「資料共有」「録画・録音」機能などが標準装備なのと、セキュリティが高いことを売りにしています。それぞれのシステムにはもちろん欠点はありますが、まずは上記三つのどれかから試しに導入し、その結果から継続か変更かを決めるのがよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です