WEB会議といえばUSB接続タイプのマイクとカメラを利用するのが一般的になってきています。しかし、WEB会議システム自体はさまざまな形態が利用されています。多くの場合社内に専用のWEB会議サーバを設置するケースが多いのですが、社外からの接続やサーバ管理のメンテナンス要員の確保など課題も多くあります。そこで注目されているのがクラウド対応のWEB会議です。

クラウド対応型とローカルサーバ型の比較をする上で重要なのがメンテナンス性と接続性です。メンテナンス性についてはクラウド対応システムはハードウエアは個別のUSB接続マイクやカメラ、そして接続クライアントソフトを入れるPCです。サーバ管理はクラウドサービスにまかせられるのでとても簡単ですが、費用面で考えればローカルサーバ型のほうが安くなることが多いですが、利用頻度によってコストはかなり異なります。一方ローカルサーバ型のシステムは買取型が多くランニングコストがかからないのですが、ハードウエアのメンテナンス保守料やメンテナンス要員の確保がコストを上げています。

しかし、WEB会議の頻度が大きいならクラウド型に比べてコストを大幅に下げられると言われています。接続性については主に外部からの接続で比較できます。クラウド型の場合は専用のソフトで暗号化されてクラウドと接続するので社外からでも問題なく使えますが、ローカルサーバ型の場合はVPNなど社外からのアクセスの方法を用意しなくてはいけません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です