近年では、リーマンショックの影響により、非常に多くの人たちや企業によっては、経営を揺るがすようなダメージを受けることがありました。こうした要因によって、企業としては極力コスト削減を目指していかなければならないのですが、そのような需要から、最近話題に上がっているのがWEB会議になります。今まで会議を実施する際には出張などを通して、電車で移動したり、国内の遠いところでは新幹線を利用する必要があり、さらには宿泊しなければならないなど、また、海外にいたっては飛行機に乗って数日かけての出張になるなど、出張コストだけでも非常に多くの費用がかかっていました。こうした費用をおさえるためにも会議の数を減らしたり、時間を短くして、日帰りにしたりするなどの努力がされてきました。

最近になってインターネットの普及が広まり、さらには光回線などを利用して高速でデータをやり取りできるようになってきました。このおかげで、パワーポイントなどのプレゼン資料などはリアルタイムでWEB会議で写し出せるようになり、海外でもWEB会議では接続可能ですので、しっかりとした内容の議論ができるようになりました。WEB会議を通して企業にかかるコストを削減することができたばかりでなく、移動時間などの負担も減らせるようになったメリットがあります。さらに、情報共有の質も向上し、様々なことがスピーディーに決定することができ、製品開発のリードフレームなども改善することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です