WEB会議とは、専用のソフトウェアを用いることで、HTTP通信を介して行う会議のことです。これにより、遠隔地であっても会議に参加することができます。また、これはHTTP通信を介して会議を行うため、ビデオ会議とは違い、専用のソフトウェアをPC(もちろん、ソフトウェアが動く環境のものです)にインストールし、あとはヘッドセットなどを入手するだけで行うことができます。すなわち、高価な機材を導入する必要がビデオ会議と比べてWEB会議は少ないため、コストを少なくして導入することができるのです。

その上、会議資料も容易に共有することができます。ただし、利点があれば欠点もあります。HTTP通信を用いるため、WEB会議では映像や音声に関する通信の品質が、ビデオ会議と比べて下がってしまうのです。しかし、用いるのはPCですから、文字チャットなどで補うことも可能です。

また、商品画像は画像ファイルを共有するなどの打開案もあります。この他にも、様々なサービスと組み合わせて利用することも可能でしょう。また、HTTP通信に関する技術は現在まで発展を続けています。ですから、過去に比べると通話・映像による通信の品質は向上していると考えてよいでしょう。

これに関する技術はさらに発展する可能性もあります。つまり、HTTP通信を用いた技術が発達するにつれ、WEB会議における音声などの通信の品質も向上してゆくであろうと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です