遠く離れた支社に出向くのは旅費や時間が負担になりますが、かといって電話や電子メールではうまく伝わらない、というときにちょうどいいのがWEB会議です。カメラが搭載されているパソコンやスマートフォン、タブレットが手軽になり無線のネットワークも普及しているため遠く離れた支社のみならず取引先にいたり帰宅したときでも気軽に利用できます。WEB会議の利用方法も、会議だけでなく営業スタッフが取引先でモバイルパソコンを起動して自分の会社のオフィスにいるマネージャーを取引先に繋いだり、交通の便が悪い地域の生徒の採用面接を行ったりと活用される範囲が広がりを見せています。もう自分の会社にWEB会議のシステムを導入しているときは、現在のシステムのスペックや料金が自分の会社の状況がフィットしているのかどうかをチェックすることが必要です。

利用方法が一人に対して一人という形がメインの会社が、たくさんの人数と同時に接続できるWEB会議システムを運用していると余計な機能を持て余し、無駄な維持費を負担していることになります。また十人から二十人くらいの人数のミーティングがメインの会社が、ミーティングに使う資料を共有する機能が充実していないWEB会議システムを運用しているとミーティングの進行に支障をきたします。ほとんどの会議システムはただでお試しできるので、今使用している会議システムと使い心地や値段を比べてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です