電話やFAXではなかなかそのデータを使うことが出来なくて、その場限りの情報伝達手段となることが多いのですが、WEB会議はこの情報交換に使ったデータをそのまま議事録として保管できるという魅力があります。これによってデータを修正したりすることもいち早く出来るようになるのです。これはWEB会議の後の情報伝達にも有効的に使うことが出来ます。これまでは、会議が終了すると会議の結果から資料作りを始めることになり、とても作業時間がかかるものでもありました。

ですが、WEB会議の場合はデジタルデータで保存されているものがありますから、これを使って編集さえすればすぐにデータを関連する人に送信できるというわけです。既にデータがあるので、資料作成時間は大幅に短縮できることになるのがこの方法の魅力の一つということになるでしょう。さらには、データの整理も簡単で必要な時に必要なデータを探すことも簡単に出来ます。データは自動的に日付事に保存されるようにしてもいいでしょう。

項目別に違うところに保存するようなことをすると、さらにデータの管理は楽になります。議事録を紙で書いた時であれば関連する議事録を探すだけでも大変で、その中身を探すことはさらに時間がかかる作業でした。ですが、デジタルデータで保存されていれば探すことはあっという間で、中身もすぐにみられるというメリットが出てきます。データが自動的に保存できるので保存し忘れということもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です