最近では営業マンの負担を減らすため長々と会議を行う会社は減ってきました。会議と言うよりは、少数精鋭営業部隊として営業活動させるため、営業活動に充てる時間を取り分けている会社が増えています。しかしながら営業マンとしては会議は必ず必要です。最近は必要ですが時間をできるだけ短く抑える必要があります。

ではそのようが営業会社ではどのような方法がとられているのでしょうか。近年多くの会社に取り入れられているのはウェブカンファレンスと言う方法です。これはウェブ会議が1つですがスマートフォンやパソコンで簡単に取り入れることができる方法です。iPhoneアプリのウェブカンを利用すると誰でも簡単にWEB会議を行うことができます。

このWEB会議システムの凄いところは、パソコンでの資料を会議に参加しているメンバーに共有できることで、モニターに共有させて資料を見せながら会議を行うことができます。ですから主催者は、他の資料をパソコンに表示させてWEB会議をつなぐことで、必要な情報を共有することができ、必要最低限な時間で会議を行うことができます。そのようにすると営業マンのフットワークも軽くなり、また会議のための場所を確保する必要はありませんので、必要な時に適宜会議を行うことができますので、営業戦略も立てやすくなることでしょう。IT化の流れは営業会社に大きな変化をもたらしてきました。

営業活動のための時間を多く取り分けることができますのでこの方法はとても有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です