WEB会議なら議事録をとる必要もなくなるというのが大きな魅力です。これはデジタルデータで情報をやり取りするので、このデータをそのまま保存すれば議事録になってしまうからです。そのため、別に議事録を人がわざわざとる必要はありません。参加者は保存されたデータを見れば一目瞭然で分かるので、記入ミスなどを無くすという意味でも効果を発揮します。

そして、WEB会議を自動的に保存しておくと、後からいかようにも使えるというのが大きな魅力です。というのはデータはデジタルデータで保存されますから、加工するのも簡単ですし、データの送信も関係者に一気に送るようなことも出来て便利に使えます。特に凄いのは、検索で必要なデータが瞬時に出てくることです。ビジネスでよくあるのが、この会議の議事録はどこにあるのか分からなくなるというものです。

そのため議事録を探すことに手間取ってしまいます。ですが、WEB会議をそのまま保存して置ければ、日付で検索することも出来ますから関連するデータを探すのも簡単に出来るようになります。保存するときに表題のようなものを付けておけば、これで検索をかけることも出来るようになります。あるゆる面で紙に書いていた議事録よりは便利に使うことが出来るようになるといってもいいでしょう。

それがWEB会議を自動保存する意義ということになります。これによってビジネスは大きく変わることになるでしょう。全ての作業が効率化されることにもなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です