企業における会議の効率化と経費削減の目的でWEB会議が利用されるようになってきました。会議を行う際に各自がWEBにアクセスできる端末から参加すれば良いというのが基本であり、インターネットを通じて誰がどこにいても会議を行えるのがメリットです。その点にだけ着目してしまうと会議をする必要があまりない現場では導入する意味がないと考えられてしまいがちですが、高機能な通信手段という見方をすると会議以外にも応用することができます。WEB会議はカメラとディスプレイによる映像通信、マイクとスピーカーやヘッドセットによる音声通信を行える他にも多様な機能があります。

会議内容を自動記録したり、大容量の会議資料を参加者にダウンロードすることができるようにしたりする機能は一般的なものです。このような機能を活用すると有用な通信手段として活用できます。ファイル送信ソフトは大容量のファイルを送りたいときによく利用されていますが、WEB会議はその代替として活用することが可能です。ファイルを送信したい人に対して会議への参加を要請してアラートを出せば、そこでアクセスしてダウンロードしてもらうことができます。

採用試験の面接にも利用することが可能です。該当する人にアクセス権を与えて会議を開くと相手の様子を見ながら面接を行うことができます。その一部始終を記録できることから、後になって様子を吟味し直すことも簡単です。それに加えて志望者にIT関係のシステムを扱う技量があるかどうかも判断できるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です