脱毛する前に知っておいた方がいいこと

バナー

脱毛する前に知っておいた方がいいこと

女性にとって、脱毛というのは憧れの施術です。手間がかかって面倒なムダ毛の処理を行う必要のない、ツルツルのお肌になることができるからです。施術さえ受ければ、自己処理の手間も時間もかかることはなくなります。

けれども、脱毛に憧れの気持ちが強すぎると、施術を受けようとするときに、現実とのギャップに気付くかもしれません。

脱毛の方法はいくつかありますが、どの方法も1度受ければすぐにムダ毛がなくなるということはありません。
なぜなら、人間の毛というのは、毛周期というサイクルで生え変わりを繰り返しているからです。

生え始めた毛は、成長し、やがてお休みの時期に入ってから抜け落ちます。


脱毛の施術で効果があるのは、生えている毛の中でも成長期の毛だけです。
お肌の上に出ている毛は、全体のうちの20%ほどですが、眠っている毛もあるので、成長期の毛というのは20%もないということになります。
そこで、脱毛では毛周期に合わせて、数カ月に1度施術を行います。


毛の生え方には個人差がありますが、平均で6回ほどの施術を受けるとムダ毛のない状態になります。

個人差があるので、これより少ない回数で満足する場合もありますし、多くなることもあります。
脱毛の施術を受けるためには、まず予約を取らなければいけません。

予約を取ることで、お店はお客さんの時間を確保することができ、お客さんの側も待ち時間が少ないというメリットがあります。


部分脱毛や全身脱毛など、施術の内容によって時間が異なってくるので、調整するという意味もあります。

ムダ毛をなくしたいから早く施術を受けたいと思って来店する人は多いのですが、実は初回というのはカウンセリングを行い、施術には入らないというお店が多いです。

カウンセリングでは、毛だけでなく、お肌の状態をきちんとチェックして、自分に合った施術方法を決めて行く相談の場で必要なものです。
脱毛のコースには、部分脱毛といった施術部位だけでなく、6回等決められた回数のみ施術ができるものや、回数無制限のものなどたくさんあります。

その中から、自分に合ったものを決めるのも、カウンセリングです。



いくつかムダ毛が気になる部位がある場合は、単独で申し込むよりも、セットコースにした方が安くなることもあります。

気になる部位がたくさんあれば、全身脱毛にした方がいいというケースも少なくありません。スタッフが状態に合わせたコースを教えてくれるので相談しましょう。
カウンセリングで脱毛するコースが決まったら、施術の予約を取りましょう。

施術は早く受けたいと考える人が多いですが、いくつか注意点があります。まず、デリケートゾーンの施術は、生理中は受けられません。
この部位の施術を希望する場合は、自分の生理周期を確認しておきましょう。
急に生理になってしまった場合は、予約を変更しなければいけません。
店舗によっては、生理中はワキなどの他の部位でも施術を扱わないというところもあります。

生理中というのは、とても体がデリケートな状態で、痛みや刺激を強く受けるため、肌トラブルが起こりやすいためです。


デリケートゾーン以外であれば施術できるという店舗もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。
そして、施術した当日の入浴は、湯船に入ることは避けて、シャワー程度で済ませなければいけません。


施術した当日は運動、飲酒などの血行が良くなることも避ける必要があるので、他の予定がある場合はその日ではない日に予約を取るようにしましょう。



こうすることで、予約した日に予定があって、キャンセルや変更しなければいけないという事態を避けることができます。


せっかく予約するのであれば、自分の都合に合わせた日にちを選びましょう。

脱毛する日が決まったら、施術を待てばいいだけと考えるかもしれません。


確かに、施術中は全てスタッフが行ってくれるので、お客さんは施術ベッドの上に寝ているだけです。
けれども、受け身の姿勢でいると、脱毛効果をきちんと感じることができなくなってしまいます。

カウンセリングの際に説明がありますが、脱毛機から照射される光というのは、黒い色に反応するように作られています。

これにより、お肌へのダメージを最小限度にして、毛に集中的に光を集めることができるのですが、お肌が日焼けしていると、光がどちらにも反応してしまいます。

日焼けしたお肌には照射をしないというお店も多いです。

ですから、脱毛期間中は、紫外線対策をしっかりととりましょう。夏場はもちろん、紫外線は1年中降り注いでいます。



毎日の日焼け止めなどの使用が大切です。


そして、乾燥しているお肌も脱毛には良くありません。

バリア機能が低下している状態なので、痛みを強く感じてしまいますし、施術の効果も薄れてしまいます。


脱毛することが決まったら、ボディクリームなどで保湿をするようにしましょう。
保湿も毎日行い、紫外線対策とともに日々の習慣にすると脱毛の効果が発揮されやすくなります。
脱毛の施術は、スタッフが行ってくれます。

初めて受ける際は緊張してしまうかもしれませんが、説明された通りにすれば、特に問題なく終えることができるでしょう。

まず、脱毛する部位によって、施術前に着替える場合とそうでない場合に分けられます。

全身脱毛の場合は着替えることが多く、デリケートゾーンの施術の場合は紙製品の使い捨てパンツにはきかえます。
着替えが終わったら、スタッフが施術部位にお肌を保護するジェルを塗っていきます。

施術方法によってはジェルを使用しないところもあります。


その後、脱毛機の光をお肌に照射していくことで、施術を開始します。

施術する面積が広ければ広いほど、時間がかかります。

この際に、強い痛みを感じるようであれば、スタッフに伝えましょう。

痛い方が効果があるというわけではなく、お肌の弱い人は過剰に反応してしまい、ヤケドなどのトラブルにつながることがあります。

施術を受ける時に、スタッフから痛みはないかと聞かれることが大半です。我慢することなく、自分の正直な状態を伝えるようにしましょう。

痛みが強ければ、出力を調整するなどして、自分に合った施術に切り替えてくれます。
安全に施術をする上では欠かすことができないことです。

施術後のお肌はデリケートな状態なので、自宅に帰った後も、積極的に保湿を行い、お肌をいたわってあげましょう。


この時、いつもと違うクリームを使用してしまうと、お肌が驚いてしまいます。

いつも使っているクリームで、やさしくケアしてあげましょう。
また、施術後にお肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあります。

脱毛機の光によって起こる反応です。

冷たいタオルなどで、お肌を冷やしてあげると自然に治ることが多いです。

保冷剤を使う場合は、直接お肌に当ててしまうと刺激が強すぎるため、タオルなどに包んで当てるようにしましょう。

冷水につけたタオルは、何度か交換してあげましょう。
自然に赤みが取れず、痛みが増してくる場合は、店舗に電話してみましょう。

様子をみていいい場合と、皮膚科を受診した方がいい場合に分けられるからです。

店舗によっては、ドクターサポートといって、肌トラブルが起きてしまったときに、医療機関と提携しているところもあります。

医療機関であれば、薬の処方なども受けることができるので安心です。

心配なことがあれば、まずはお店に聞いてみて、その後どうすればいいのかを相談しましょう。


Copyright (C) 2016 脱毛する前に知っておいた方がいいこと All Rights Reserved.