WEB会議とは、資料やソフトウェアの共有をしながら音声やチャットなどでコミュニケーションをとることできる情報システムのことです。このシステムを利用することで、遠距離でも共同作業を行うことができるメリットがあります。テレビ会議と混合されがちなので、ここでは両者の用途の違いや効果を比較していきます。まず、大きな違いはその利用目的にあります。

WEB会議の主な目的は、資料やデータの共有です。離れた場所で同時にデータを入力したり、修正する必要がある時などに利用します。対してテレビ会議は、映像を通してお互いの顔や様子を確認しながら会議することで、対面会議に近い状態を再現するために利用されます。また、システムを構築するための必要機器にも差があり、WEB会議は市販のWEBカメラとヘッドセットを接続し、専用のソフトウェアを準備するだけ行うことができます。

最低限の資料の共有が目的であれば、ソフトウェアだけでも十分です。インターネット回線さえあれば個人のパソコンで構築できるので、場所にも制限がありません。テレビ会議は、表情などを確認できるよう、映像が高画質である必要があるため、専用の機器と回線が必要です。また、会議室など場所が特定されることがほとんどです。

このように、WEB会議に実務的な側面が強く、テレビ会議は対面会議を再現することに重点を置いていることがわかります。それぞれの特徴を理解し、適切に使い分けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です